スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート2

1102897651.jpg

【本の内容】
2000社の赤字会社を黒字にした敏腕経営者「長谷川和廣」氏の仕事のコツやあり方などが多く記載されている。
本書の内容は、そのなるほどというべき内容が105題あり、その題名だけを読んでも仕事を奮起させるような言葉が多くある。
経営者は従業員にこういった仕事力を求めているんだなと、再確認。たしかにこの内容に書かれていることを忠実に実行したら成功できると思った。トリガーフレーズ本としてたまに読み返すとモチベーションが上がる。


【HACKS】
■期限に忠実なだけではまだ足りない!レスポンスのスピードをさらに上げよう。P34

■ビジネスの世界は70点で許されるほど甘くない!P108

■企画書の枚数が多いほど赤字も膨らむ→企画書は以下の要点を簡潔にし1枚の企画書にまとめる。
 ①この案件はどういう背景・経緯があるのか?
 ②何が課題なのか?
 ③どんな可能性があるのか?
 ④目標はどこに設定してあるのか?
 ⑤目標達成の戦略・アクションプランはなんなのか?
 ⑥プラン実行の経済性は?
 ⑦他への影響はなんなのか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tsutan124

Author:tsutan124
自分の本棚にある書籍をデーターベース化する目的でこのブログを始めました。
たまに日記なんかも書いてみたいと思います。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
おすすめの本
おススメ英語本
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。